長距離引越しの手順

長距離引越しの手順

長距離 引越し 手順

 

引越しはなかなか面倒です。
手順よく行わないと後半大変になります。
上手な引越しの手順を教えます。

 

 

@引越しが決まったら、まず管理会社か大家さんに引越しすることを伝えましょう。
賃貸契約書に引越しで物件を出る時は何か月前までに連絡することと決められています。大家さんにも次の借り手を探す期間が必要ですので、早めにつたえましょう。

 

A次に新居が決まったら、引越し業者に見積もりを取りましょう。
時期によっては引越し業者は繁忙期となり、引越し希望日に予約が取れない場合もあります。それに安くて良い業者ほどどんどん予約が埋まってしまうので、業者を決めるのは早めに行いましょう。

 

B引越し日までに出来るだけ荷物を減らしましょう。ゴミの日にできるだけ出しておくと追加料金が発生したりするトラブルを回避することができます。

 

C引越し2週間前になると、役所関係の手続きを行います。
市内引越しであれば特に必要ありませんが、市外への引越しの場合は転出届が必要です。
さらに電気・ガス・水道・郵便などのインフラも各会社に連絡して、引越し日や新居でも同じ会社を使うならそちらへの切り替え日を伝え、精算方法などを聞いておきましょう。

 

D引越し当日は、引越し業者への指示が主な仕事です。前もって家具の配置を決めて図にしておくなどするとスムーズです。
そしてご近所へのあいさつは当日か遅くても翌日には行きましょう。遅くなると面倒になって行かなくなってしまいます。マンションなら上下左右、一軒家ならお隣と向こう隣り3件が一般的です。

 

E引越しが終わったら少しずつ荷解きしましょう。

 

F引越し後2週間以内に同一市内なら転居届、それ以外は転入届を提出しましょう。

 

G最後に運転免許証、キャッシュカード、パスポートなど住所変更が必要なものの手続きを終わらせます。
これで引越し完了です。

 

することは多いですが、手順を知っておくとバタバタしませんので頑張ってくださいね。