いらないものを処分する方法

いらないものを処分する方法

長距離 引越し 安く

 

引越しの前にはいらないものがたくさん出てきます。何とか処分したいと思いませんか?
引越しの時に処分を依頼すると別料金がかかることもありますので、ぜひ引越し前までに何とかしましょう。

 

@売る:いらないものであっても、もしかしたら売れるかも・・・というものもありますよね。そんなに古い家具や家電でなければその可能性はあります。
リサイクルショップに査定に来てもらって、価値のあるものは引き取ってもらうという方法。買って5年以下の冷蔵庫や洗濯機は買取ってもらうことができます。最近はネットで高く買取ってくれる可能性のある業者を見つけることもできます。少しでも高く買取ってくれる業者をさがしてみましょう。

 

そして自分で売りに出すヤフーオークションや人気のメルカリなどを利用して欲しい人に買ってもらうという方法。
こちらは手数料さえ支払えば売ることができますので、時間に余裕がある方にオススメです。

 

Aゆずる:売ったりするのは面倒だけど、捨てるのは勿体ないということもありますよね。そんな方にオススメなのが、欲しい人に譲るという方法です。知り合いに聞いてみて、欲しい人がいないか探してみましょう。

 

B捨てる:壊れている家具や家電の場合は、売ったり譲ったりすることは難しいですね。
そんな場合は思い切って捨てましょう。大きな家財の場合、捨てるのに有料であることがほとんどです。タンスや机などは自治体のリサイクルセンターなどに連絡して引き取ってもらう手配をしなければなりません。料金はコンビニで支払い、シールなどを張る必要があります。
もし、捨てたい家財が何個もある場合は、自分でリサイクルセンターまで持って行くという方法もあります。こちらも予約制のことが多いので、まずはリサイクルセンターに連絡してみましょう。

 

ここで注意しなければならないのが、家電リサイクル法に定められた家電の存在です。
冷凍庫・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・エアコン・テレビなどは、購入した家電小売店に連絡しては廃棄をしてもらう必要があります。