長距離 引越し おすすめ

長距離引越しのおすすめと相場@安い料金が簡単にわかる

長距離 引っ越し

長い距離 引越し

長距離 引越し

 

 

近々、長距離の引越しをする予定ですか?
長距離の引越しで一番気がかりなのは、荷物の輸送費用ではないでしょうか?

 

例えば飛行機で自分1人が移動するだけでも、数万円の費用がかかりますね。
すべての家財を乗せてトラックで運んでもらうのに、一体いくらかかるのか考えると恐ろしくなります。

 

引越しの費用=荷物の量+移動距離+オプションの有無

 

荷物の量が多ければ大きなトラックと多くのスタッフが必要となります。
移動距離が長ければ長いほど、運転を交代するスタッフとガソリン代・高速代がかかります。
オプションとは、不用品の処分費やエアコンの移設、ピアノなどの特殊なものの運送費です。

 

さらに言えば、物件の状態によっても値段が変わります。
1階から1階への引越しと4階から4階への引越しとでは料金が大きく変わります。
物件にエレベーターの無い場合は、当然引越しに時間がかかりますので、費用が上がります。
さらに物件の近くに車が横付け出来ない場合にも同じように費用が上がる原因となります。

 

つまり引越し費用は、荷物の量や移動距離、物件の状態など細かい条件で変わるため、あなたと全く同じ条件で引越しする人を探す方が困難ということです。

 

自分の引越し費用がどのくらいかかるかネットで検索してみても、見つからないのです。
さらに長距離であれば、料金は数万円から数十万円までとかなり幅があります。

 

自分の引越し料金の相場や最安値が知りたいなら、複数の業者から見積もりを取ってみるしか方法はありません。
そこでおすすめなのが、引越し料金一括見積もりです。

遠距離 引越し

長距離 引越し

 

最近は引越し費用の見積もりはインターネットやスマートフォンから簡単に出来るようになりました。
しかし、入力項目も多いので何度も行うのは面倒です。
しかし、一括見積もりなら1回情報を入力して送信するだけでお住いの地域にある引越し業者を選んで最大10社から見積もりを取ることができるのです。

 

何度も情報を入力する手間が省けます。
しかもこちらから見積もりを取れる引越し業者は大手から地域密着の業者まで200社以上が参加しています。

 

まずは見積もりを取って相場を確認してみませんか?
おすすめの引越し見積もりです。

 

 

引っ越し時期と相場

 

引越し時期 繁忙期

 

引越しには1年のうちでとても忙しい時期があり、この時期を繁忙期と言います。そしてその他の月を通常期と言います。
繁忙期は主に3月で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一度に動く時期なのです。
当然どこの引越し業者も大忙しなので何とかスタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが、到底及びません。

 

そのためこの時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、料金の割引も期待できません。
そんな中でも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、引越し準備を早めにすることをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。一括見積もりが便利です。
繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律同じという訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これが引っ越しギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

しかしこれは繁忙期には限ったことではありません。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早く見積もりを取って、引越し業者をおさえておきましょう。
条件の良い引越し業者ほどどんどん予約が埋まります。
時は金なりです!

 

 

引っ越し費用を安くする方法

 

引越し安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいのであれば、まずは引越しの条件を見直ししてみませんか?
引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして処分しておきましょう。
新居に持って行ってゆっくり分別するというのは、費用的にはとてももったいないことです。

 

あとは引越しの日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いためとても人気があるため、平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
出来ることなら平日に引越しするのがオススメです。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
朝一から引越を始めて、早く荷物を運び入れて午後には荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多い方なら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

そして国内の引越しで最も費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便がオススメです。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越し費用はの条件で安くなりますので、変えられるところがあればぜひ検討してみてください。